ホットヨガの特徴とその効果

0-19ホットヨガは身体を温めながら呼吸法と併用してヨガのポージングを行うことで身体の内側から発刊作用を促し、浄化効果を高めるエクササイズです。

ホットヨガは、スタジオで行う場合などは室温を約40℃くらいにし、湿度は約60パーセントにしてかなり蒸し暑い環境下で行います。

これはヨガ発祥の地インドの気候環境に近い状態を作るためとも云われています。

身体が温まると筋肉の柔軟性が高まり、身体の硬い初心者でもポーズが取りやすいという特徴があります。

この状態でヨガを進めていくと身体は大量に発汗し始めます。

発汗することにより代謝作用が高まり、体内の老廃物を排出する効果、すなわちデトックス効果が高まるとされています。

体温上昇にともない汗腺と皮脂汗腺が開き、体内に溜まった老廃物を汗とともに押し出してくれるので、肌が内側からみずみずしく甦ってくるのを感じることが出来ます。

また、呼吸法により酸素を豊富に体内に取り入れ、脂肪の燃焼を助ける効果もあるので、女性のダイエット法に取り入れられ人気が高まっています。

ホットヨガを行うにあたっていくつか注意すべき点があります。

まず第一に高温多湿の室内で行うため、大量の汗をかきますから、こまめな水分補給を行うようにします。

これは脱水症状を防ぐと共に、水分を取ることによって身体を汗をかきやすい体質に変化させ、基礎代謝を上げることをも目的としています。

第二に、服装ついてですが、ヨガは心と身体を解放することを目的とするエクササイズですから、身体を締め付ける下着などは避けたほうが望ましいです。

また汗をかきますから通気性の良いもので動きやすい素材が良いでしょう。

第三に、ホットヨガは特殊な環境下で行いますから短い時間でも体力を消耗します。

ですから自身の骨格に合った無理のないポーズを取りながら、自身のペースで行うことが大事です。

「身体の声」に耳を傾けながら毎日少しずつ続けることによって身体は自然と柔らかくなり、可能なポーズも増えていきます。

すると徐々に自分の身体が内側から変化していくのを感じ取ることが出来るようになります。

ヨガ全般に精神を安定させる効果があるとされていますから、ダイエットで大切な自身をコントロールする力や精神的リラックスを得ることにも役立ちます。

体温が下がると人間の身体は著しく免疫力が落ちるということが知られています。

ホットヨガで身体を温めながら運動をして免疫力を高め、心と身体の健康を取り戻して生き生きとした毎日を送りましょう。

むくみで脚がパンパンに

ca977cc9fb6a21294b2e060667089fb1_m

たいていパンツを履くときはすんなり入ります。しかし、外出先から帰ってきて、部屋着に着替えたりする時、パンツを脱ごうとすると必ずふくらはぎで引っかかります。ゆったりとしたパンツならそう言うことはありません。ただ、最近はピッタリとしたパンツがとても人気で、そう言うパンツを履くと夕方には脚がむくみ、脱ぎにくくなります。

パンツだけではなく、ストッキングやソックスを脱ぐ時も同じです。こういう時は、だいたい脚が重たくなっていて、全身にも影響しています。靴が脱ぎにくいと言うことは今のところはないのですが、ふくらはぎや太ももはかなりむくみやすいようです。着圧ストッキングを履くこともあります。着圧ストッキングを履いた時のほうが夕方の脚が楽な気がします。

寝る時に履く着圧タイツは愛用しています。履いて寝ると、次の日に疲れを持ちこさなくて済むからです。完全復活とまではいかないのですが、脚のむくみを放置して寝ると、次の日の朝、脚がとても重たくなって大変です。だから、なるべく着圧タイツを履いて寝るようにしています。

本当は、対策をしなくてもむくまないようにしたいのですが、そうはいきません。何らかの対策をしないと脚が疲れやすくなってしまいます。むくみやすい体質なのかもしれません。特に脚が疲れていると感じている時は、利尿作用のある飲み物を飲んだりして、余分な水分を体外へ排出したりもしています。むくみを気にしないで良い体質になりたいです。

むくみ 解消み

ホットヨガと坐骨神経痛

0-76坐骨神経痛の辛さは、なったことがある人にしかわからないものです。しかもケガと違って原因がはっきりしておらず、「こうすれば必ず治る」という治療法もありません。整形外科でもストレッチをすすめられて「腹筋を鍛えてください」と言われるだけ。でもいきなり鍛えてくださいといわれてもどうしたらいいかわからず、困っていました。

私の場合はお風呂に入ってあたたまると痛みが和らぐタイプだったので、とにかくあたためたらいいんじゃ?と、安易な気持ちではじめたホットヨガ。レッスンの最中に痛みをいつのまにか感じなくなったのをスタートに、続けているうちに、坐骨神経痛の特徴でもあるふくらはぎのしびれや片側の腰のハリもどんどん改善されてきました。

「あたためる+筋肉を伸ばす」の両方の効果がよかったのかもしれません。ちなみに坐骨神経痛がある場合は無理も禁物なので、レッスンの前にインストラクターに伝えておくのがおすすめ。坐骨神経痛にいいポーズをとりいれてくれたりもしますよ。

ホットヨガスタジオでのホットヨガの進め方

0-78最近ホットヨガというのをよく聞きます。ホットヨガとは室温38度湿度60%ほどの専用の室内で行うヨガのことです。

室温38度湿度60%とは、どういう感じかというと、真夏の日のようにねっとりと蒸し暑くただじっとしているだけでも汗がじわじわと吹き出てくる感じです。

その中で床にヨガマットを敷き、ホットヨガインストラクターの真似をしながら、ヨガのポーズをとっていきます。

最初は体も空気も、じとっと重く感じますが、だんだん慣れてくるにつれて平気になってきます。

いくつかポーズをとっては、タオルで汗を拭いて水をたっぷり飲んで休憩し、また次のポーズをとっていきます。

水をしっかり飲むよう指示されます。

1時間のコースで1.5リットル~2リットルの水を飲むように言われます。

水をたくさん飲んで汗でしっかり出して体と肌のデトックスを行えます。

ポーズをいくつかしている内に体が温まってくるので、ますます汗が吹き出てきます。

なかなかこんなに汗をかく機会もないので、びっくりします。

最初は肌にじわっと浮き出ていた汗が、だんだん大粒になり、ほほから首から腕や足からもぽたぽたしずくが落ちていきます。

ホットヨガは動きやすい格好で行いますが、だんだん洋服が汗でぐっしょり濡れてきて、肌にはり付いてくるのがわかります。

そんなに汗が出て暑くて不快なのかというと、なんとも気持ちよくだんだんスッキリしてきます。

体のたまっていた悪い気や不要物やむくみなどがどんどん放出されて、体が生まれ変わっていくような気持ちになります。

ヨガのポーズは中にはしんどいキツイポーズもあります。

それをじっと耐えているとますます汗が吹き出ます。

けれどほとんどは誰にもできるようなやさしい簡単なポーズばかりなので、初心者でも安心して参加できます。

体がかたい人でも大丈夫です。

ポーズを正しくかっこよく決めるよりも、大切なのは呼吸です。

鼻からゆっくりと吸って鼻からもっとゆっくり長く吐き出す、それに集中して行うようにしないといけません。

ポーズに気をとられて呼吸を忘れる時もありますが、慣れればすぐに出来るようになります。

ゆっくり呼吸するとさらに体が温まります。

そうしている内にあっという間に終わります。

終わってホットヨガ教室の外に一歩出ると涼しいさわやかな世界が待っています。

続けると効果がすぐに出ます。

ダイエット効果ももちろんありますが、デトックス効果で美肌にもなります。

またスッキリとするのでストレス発散にもなり、いいこと尽くしのホットヨガなので女性に人気なのもうなづけます。

実際にホットヨガをしている人の体験サイトです。

ホットヨガをはじめよう!

ホットヨガを行なうためには高温多湿の部屋とスポーツドリンクなどの水分補給が必要

0-77理想の体型を手に入れるためにダイエットを行なう人は大勢いますが、一般的なダイエットの方法といえば食事制限か運動です。

食べなければ痩せる、食べた分だけ運動をしてカロリー消費すれば痩せることが出来るというのは間違っているわけではありませんが必ずしも正しいとも言えないのです。

まず、食べないということはそれだけ健康に悪影響を与えることにも繋がりますしリバウンドの危険性も高まります。

運動はカロリー消費をするのには最適ですが、今まで運動をしてこなかった人が急激な運動を行なうと体に負担がかかって悪影響が出ることもあります。

また、短時間の運動でしっかりとダイエット効果を出すのは容易ではありません。

忙しい現代社会において、どれだけ健康的に効率よく痩せられるかというのはとても重要な問題なのです。

そこで最近注目されているのがホットヨガによるダイエットです。

ヨガといえば昔から体の柔軟性を高め、ダイエット効果もあるということで行われてきたものですがそれをより効率的にダイエットにつなげるために考えだされたのがホットヨガなのです。

気になるのはそのやり方ですが、普通のヨガは一般的には室内で行なうものですが特に場所や環境を選んだりはしないものですがホットヨガはあえて高温多湿の室内で行なうのが一般的です。

室温は38~40度、湿度は65%前後と長時間とどまっていたくはないという環境の中で行なうホットヨガは夏場であれば自宅でも閉めきった部屋であれば行なうことは難しくはありません。

高温の中で行なうと普段よりも体が柔らかくなるので体を痛めること無く様々なポーズをとることが出来るようになります。

しかし、湿度も高いので多量の汗をかくことになるのでダイエット効果もそれだけ期待できるというわけです。

その際には必ず水分補給の用意もしておかなければいけません。

ホットヨガの場合、多い時には1時間で2リットル以上もの汗をかくことになりますのでこまめな水分補給は欠かせないのです。

汗と一緒に老廃物を体の外に出すことはとても良いことですが、失われた水分はその分だけ補給してやらねばならないのです。

また、その際にはただの水ではなくスポーツドリンクのようなものにする必要があります。

無ければ水に塩と砂糖を少量入れた自家製スポーツドリンクでも良いでしょう。

市販のスポーツドリンクの場合は糖分が多量に入っているので気になるという方はこちらの方が良いかもしれませんが、体を壊さないためにも必ず用意するようにしましょう。

ホットヨガでお腹がへこんだ

0-37私はそこまで太っていたわけではないのですが、20代になってから急にお腹がぽっこりしてきて、どんなダイエットをしても全くへこまずますますぽっこりになって妊婦みたいと言われるほどになってしまい、それが本当に悩みだったんですが、ホットヨガを継続しているうちに少しずつへこんできたんです。
それが一番嬉しかったですし、一番驚きました。

もう10年以上何をしてもへこまなかったので、もう一生ぽっこりが続くのかと思っていましたし、自分の親も中年になってからはずっとお腹ぽっこりだったので、遺伝もあるのかと思い諦めかけていました。

それに、ホットヨガでは室温の高さのおかげでゆったりとポーズをとっているだけなのに大量の汗をかくことができ、デトックスをするのも簡単なんです。
昔から体内に毒素が溜まっているから出さなければと思っていたんですが、お風呂に10分も浸かる事ができないし、いい方法がなくて困っていました。

でも、ホットヨガでは湿度が快適にコントロールされているせいか、暑さが辛くなく気持よく汗がかけるんですよ。

ホットヨガというのは汗をかく代表的なヨガで、発汗量がとにかく他のヨガよりと非常に多いことが特徴的です

0-38ヨガの歴史というのは非常に古く、奥が大変深い世界です。

ヨガはメンタル的な意味合いが強くありますが、美容や健康、ダイエットが目的でヨガを行う場合は取り組みやすく分かりやすい、ホットヨガのような現代ヨガがちょうど適しています。

ヨガはいろいろなスタイル、流派に分かれますが、具体的な目的とやり方もそれぞれ異なります。

ヨガは汗をかくものとかかないものに大きく分類できます。

ホットヨガというのは汗をかく代表的なヨガで、発汗量がとにかく他のヨガよりと非常に多いことが特徴的です。

呼吸とポーズを組み合わせ、力強い動きが特徴である「アシュアタンガヨガ」、潜在エネルギーを負担を身体にかけないで引き出す「アヌサラヨガ」、連続の動作を意味する「ヴィンヤサヨガ」、身体トレーニングを集中力を高めながら行う「パワーヨガ」などは、ヨガで汗をかくものの部類になります。

しかしながら、やはり身体を激しく高温多湿の環境で動かすホットヨガの汗の量には敵いません。

趣味探しにホットヨガ!

0-3112月はやっぱり寒い。
寒い冬にこそスポーツをして来年の夏に向けて引き締めボディーを手に入れようと思い立ったが吉日!!

ところで、スポーツをといったところですが何をしよう。初心者の私にはやはりウォーキング?それともマラソン?

どれも出ていくときが寒そうだ。やはり寒さが引っかかって億劫な気がする。

そして!考えた結果が!ヨガ!しかもホットヨガ!これならば家をでて超寒いこの冬に体を冷やして外に出ても暖かい室内、むしろ熱い室内で汗を流しながらのホットヨガ!
これならば足腰に負担がかからなくて効率よくダイエット&運動ができるはず!

そしてホットヨガをすることで効率よく汗を流して健康促進にもつながって、もういいこと尽くし!

ということでネットをつかって家から近くのヨガ教室を調べました!するとヨガ教室は意外に多くないのか地元だけで探してたのであってもホットヨガはなく結局都会の町で通うことになりました。

通学帰りに買い物もできてかなり気に入ってます!ホットヨガ続きそうでいい趣味が見つかりました。

ホットヨガはダイエットに効果的

0-20ホットヨガは、他のヨガに比べて何が良いかといえば、究極的にはダイエット効果が高いってことかもしれません。

まず、太ってしまう原因っていうのが色々あるんですけど、一番はむくみだったり老廃物が身体にたまってしまっていたりする場合が多いです。

だから、脂肪が貯まっているというより身体の巡りが悪いだけで太っている人もいるってことです。

リンパや血行の流れが悪いので水を溜め込んでしまっていたりする分、ホットヨガをすることによって余分な水分を出してしまうことができます。

身体を動かすことによって、全身の身体の巡りが良くなるので、むくみも解消されます。

あと、脂肪よりも筋肉が凝り固まってしまって体重が落ちない人っていうのもいます。

若い頃に運動をしていた人とかそうなんですけど、そういった人にもヨガってぴったりなんですよ。

温かい場所でやるので、ガチガチになっていた筋肉をゆるめることができ、しなやかな女性らしい身体を作ることが可能なんです。

ホットヨガのレッスンについてご紹介

0-15ホットヨガをまだやったことがない方、レッスンのイメージってどんな感じですか?レッスンにかかる時間は、スタジオによって違いはありますが、レッスンの開始から、最後休息をとる時間を含めて60分くらいのところが多いです。

はじめての時は、たぶんインストラクターの指示に従うのに一生懸命で、あっというまだと思います。

最後のシャバアサナ、休息のポーズは、厳格なヨガだと眠ってしまわないように言われることもあるのですが、ホットヨガなら寝てしまって大丈夫。

ほんの10分程度なのに、すごくぐっすり眠ることができてやみつきになると思います。

 

ホットヨガの直前はものを食べないほうがいいと言われていますが、私は1時間以上前に食事を済ませ、レッスンのあとも食べません。

夜行くことが多いので、家に帰ってそのまま寝てしまう感じです。

そうすると朝のめざめがとてもいいです。

もちろんダイエット効果もばっちりですが、無理に食事を我慢するとホットヨガのためのエネルギーもなくなってしまいますので、自分にあったスタイルを見つけてみてください。

ホットヨガで多くの悩みが解決します

0-16みなさんはご自身の体の事でこんな悩みは抱えていないでしょうか?

太ってきてしまってダイエットはしたいけど、きつい運動はしたくない。
肩こりがつらく何とかしたい。
冷え性。
むくみ。

こんな悩みを抱えている方にオススメなのがホットヨガです。
ホットヨガは温度や湿度が管理された暖かめの部屋でゆっくりとヨガのポーズをとっていきます。
派手な動きをするわけではなくゆったりとです。

部屋の暖かさもあり、普段よりも体の柔軟性も良くなりますので筋も伸ばしやすく血行も良くなっていきます。
激しい動きではありませんが汗もたくさんかけます。

その結果、体にあったたくさんの問題がいつの間にか解決してしまうのです。
ホットヨガですのスタジオはゆったりとした音楽が流れている事も多く、ヨガのポーズとも合わさってとてもリラックスする事が出来ます。

その効果もありストレス発散にもなります。
ヨガといっても難しいものではありません。
インストラクターの方に指導してもらえば誰にでも出来ます。

ホットヨガで健康な体を取り戻しませんか?

運動が苦手な方にもおすすめのホットヨガ

0-17ホットヨガという言葉を色んなところで聞くことが増えてきましたが、名前だけは知っているけど詳しくは知らない方もまだまだ多いようです。

ある人は、ホットヨガってなんか激しい動きをするヨガ?って言ってました。

ホットというのを激しい動きにより体を熱くさせるヨガだと思っていたそうです。

なので、運動が苦手だから絶対無理と言っていました。
ですが、それは全くの勘違いで、ホットヨガというのは温度38度と湿度65%の環境で行うだけで、激しい動きなどはなく、運動が苦手な方でも全く問題なく行えるものです。

逆に、運動が苦手で運動不足になっている方にこそおすすめしたいもので、普段運動不足で凝り固まった筋肉は柔らかくほぐれますし、運動不足で鈍ってしまった代謝もスムーズになって体調もよくなり、ダイエットにも効果があります。
運動不足の方には冷え性や肩こりの方が多いのですが、ホットヨガで解消したケースはとても多いです。

運動不足が続くと体力がどんどん落ちてしまいますが、ホットヨガなら無理なく体力をつけることもできるんですよ。